よろしければインスタで

しばらく更新できず、すみません。
ちょっと忙しくしておりました。
ブログより手軽なインスタで、菜園の様子をアップしてます。
よければのぞいてやってください。フォローも大歓迎です。

また落ち着いたらアップします。






[PR]
# by iminthegarden | 2018-07-17 12:17 | Comments(0)

ニンジンとの関係

畑の帰り道。
ジャガイモの試し掘りと、間引いたニンジンなどをカゴに入れて。

ニンジンは嫌いで食べられません。
オットが食べるので育ててはいますが……。
もちろん、葉っぱなんてぜったいに口にしません。
だから、カットして畑のコンポスターに入れてくればいいものを、
カゴに葉付きニンジンが入っているのといないのとでは可愛らしさが違うので、
要するに、ファッションで持ち歩いているのです。

家についたとたん、この葉をむしりとって、畑に戻す生ごみ入れに投入。
嫌いな人の力を借りてまで自分をよく見せようだなんて、
ああ、情けない。

a0168053_10084399.jpg





[PR]
# by iminthegarden | 2018-06-13 10:53 | Comments(4)

きょうも畑日和

サカタのタネさんの園芸通信で
わが家の「菜園記」が 読者プレゼントになっています。

菜園家の皆さんには、あるある!と笑って読んでいただけるエピソードが満載です。
ご応募お待ちしております。
そして、よければぜひ 書店でも手にとってみてください。

先日は、タキイ種苗さんの月刊情報誌「はなとやさい」でも紹介していただきました。
ありがとうございました!

[PR]
# by iminthegarden | 2018-06-08 21:52 | Comments(0)
畑の土手に咲くドクダミを摘んで、
焼酎につけました。
なんでも、虫刺されに効くんだそうな。
土手には、八重のドクダミも咲くので
それも混ぜて、いや~ん、なんてかわいいの。
早く虫に刺されないかな~ そしたらこのラブリーな液体をちょんちょんとつけちゃうのになぁと思っていたのですが
しばらくしたら……

a0168053_20302303.jpg

きれいだった花は、一気に色が失せておりました(涙)
これを見て、何があってもぜったいに焼酎には漬からないぞと心に決めたしだいです。

a0168053_20322647.jpg



[PR]
# by iminthegarden | 2018-06-06 20:39 | Comments(0)

ニンニクの三つ編み

先日ニンニクが収穫を迎えまして、
まるまる太って、香りも極上です。

根っこだけ切って茎は乾かし、三つ編みにしましたよ。
ぐだぐだな編み方だねぇ という意見もありますが、
きっちりお下げじゃ中学生なので、
ここは熟女らしくアンニュイなヘアアレンジを目指した
……ということにしておきたいです。

a0168053_20045955.jpg


このまま台所にぶら下げて、必要なときに下から切り取ります。
便利でかわいい保存法です。

a0168053_20010445.jpg



[PR]
# by iminthegarden | 2018-06-06 20:11 | Comments(0)

レタスちゃん

農産物直売所であれこれ見てたら、
オットがレタスの袋をもってきて、見せるのです。
「なに? レタスなんていらないよ」
「ちがうよ、よく見て」

a0168053_11113975.jpg

なんと、ビニールの中にカタツムリがいるではありませんか。
農家さんが気づかず、いっしょに袋詰めされちゃったんですね。
こうなると買わずにはいられません。
畑に連れていって、日陰に放してやりました。
命名:レタスちゃん。
元気に大きくなってね❤

a0168053_11162121.jpg

オットは以前、同じようにパック詰めされたアリを助け、
先日は、駅ビルの駐車場で自分の車にしがみついていたバッタを救い
(なんと5時間もオットの車にとまっていたのです!)
アスファルトに転がってたクワガタをつれて帰ってきたこともありました。

恩返しの気配はまったくありませんが、
まあ、こうして楽しく暮らせるのも、生き物たちのおかげかもしれません。


[PR]
# by iminthegarden | 2018-05-23 11:20 | Comments(0)

ワタのタネをまきました

畑では、ワタも作っています。
完全に遊びですけど。
週末、タネをまきました。
これまで何年か和綿を作ってきましたが(下写真)、今回は洋綿です。

a0168053_10213529.jpg

ワタは花もきれいだし、実がはじけると、なんともうれしいキモチになります。
初めてつくったときは、「これで力士の座布団がつくれるわい」と皮算用していたのですが、
その年とれたのは、ぺらっぺらのミニ座布団がやっとという量でした。
じゅうぶんなワタを収穫するには、
それだけたくさん育てないと無理なんですよね。
世の中にある信じがたいほどの木綿製品の量を思うと、
どこかでそのための綿が作られているわけで、
すごいなぁとただただ感心。
そしてワタという植物の不思議さにも感動し、
以来わずかですが、ワタ作り続けています。

a0168053_10252530.jpg

上の写真は、和綿(真岡木綿)の花。
アオイ科で、個人的には、オクラの花より好みです。
和綿は下をむいて小さめの実がはじけます。
洋綿は、上をむいて大きな実がはじけるそうです。
今回は収穫せずに、枝ごと冬の飾りにしようかな。

かわいいかわいいワタのタネ。
(ガーデニング手袋が嫌いなもので、手がシワシワで恥ずかしい・笑)
ちょうど5月がまきどきです。
ちなみにオットは、ワタ作りには協力しません。
「アンクルトムの小屋で、トムが血を流しながらワタを摘むのを思い出して、つらい」のだそうです。

a0168053_10480306.jpg





[PR]
# by iminthegarden | 2018-05-21 10:38 | Comments(0)

小さなタマネギ

今年はなぜだか、タマネギのふくらみが小さいのです。
もしかしたら、そんなにふくらまないまま収穫なのかもなぁ。

「まあそんな気分なんだろう。それはそれでいいや」と私は思うのですが、
オットはそうは思えないらしく
「タマネギが小さいんだよね」とか
「なんでもっとドッカーンと大きく育たないんだろう」などと
不満ばかり口にするのです。

「いいじゃない、小さくたって。
すっごく好きな女の子がいて、その子がじつはAカップだったら、
それでその子を嫌いになっちゃうわけ?」
そう聞くと、オットは「いいや」と首をふりました。
「だったらいいでしょ、この大きさでも受け入れなさいよ」
「あのねぇ、オッパイの大きさはその子の本質じゃないけどね、
玉がふくらむっていうのは、タマネギの本質なんですよ。
ふくらまなかったら、ただのネギなんだから」

ちなみに、ラッキョウ(試し採り)のふくらみはこんな感じです。↓
これもふくらまなかったら ただのネギ属ですね。
タマネギの出来はともかく、
「オッパイの大きさはその子の本質じゃない」と断言したオットを
私はなかなかよろしいと思っております。

a0168053_15425140.jpg



[PR]
# by iminthegarden | 2018-05-15 15:57 | Comments(2)
畑でラベンダーが咲いています。
いい香り。

a0168053_09512670.jpg


a0168053_09514014.jpg

カモミールとミントといっしょに摘んできて、部屋に飾っています。
ちょうどエンドウ豆をおしまいにしたので、
元気なところを摘んできて、それも飾っています。
お豆もついていて、見ていて楽しい❤
初夏ですね~。


a0168053_09520652.jpg



[PR]
# by iminthegarden | 2018-05-15 09:56 | Comments(0)
農園の向かいの区画を借りるイギリス人ミスターBが
大量のワラを手に入れたようです。
「ホームセンターで買ったら1万円以上するぞ……」と、うらやましそうなオット。
おそらく、近隣の農家さんからタダでもらったか、安く譲ってもらったのでしょう。

ひとり黙々とシゴトをしているイメージの菜園家ですが、
これがあるとないとでは、野菜の出来が違うと感じるものがあります。
コミュニケーション能力です。
農園のメンバーと野菜作りの情報を共有したり、
こうして高価な資材をお得に手に入れたりするのに、
必須な能力なんですよね……。
ミスターBは、日本語がしゃべれないにもかかわらず、
言語を超越したコミュニケーション能力で、だれとでも仲良くなるんです。
その結果がコレ。

a0168053_08463089.jpg

そんな能力の欠けている私にできることといえば、
このワラを2~3束分けてもらうにはどうすりゃいいのかと、
悪知恵を働かせることくらいです。
でもちっともいい案が思いつかないので、
ともかくミスターBのいる日に、
このワラ山のそばをうろうろしてみようかと思っております。
幸い、物欲しそうな顔は得意なんで。



[PR]
# by iminthegarden | 2018-05-07 08:59 | Comments(0)

守ってね

ゴールデンウィーク。
菜園家になってから、この連休に旅行をすることはほとんどなくなりました。
毎日毎日畑に出て、夏野菜の植えつけとタネまきに大忙し。
きょうはトマトを植えつけました。
畑の隅からニラを掘り起こし、
トマトの根とニラの根をくっつけて植えました。
これでニラがトマトを病気から守ってくれる……であろう。(期待)

ニラにとってはこれといったメリットはないらしいですが
それでもそばに寄り添って、トマトを守ってくれるなんて。
私が配偶者に求めているのは、このような愛のかたちです。

a0168053_20584653.jpg

トマトのマルチはシルバーです。





[PR]
# by iminthegarden | 2018-05-05 21:16 | Comments(0)

牛乳配達夫の優しさ

インド滞在中、泊まっていたインド人家庭には、
朝9時ごろに牛乳屋さんがやってきました。
新鮮な牛乳の入ったミルク缶をバイクにつけてやってくる牛乳屋さん。
専用の容器をもって出ていくと、きまった量だけ入れてくれます。
支払いは月極め。そのたび払う必要はありません
(牛乳屋さんに買いにいく人は、この容器を持っていくのです。)

a0168053_14545369.png

でも私が言いたいのは、牛乳のことではないのです。
写真をもう一度見てください。
ミルク缶の奥にぶらさがった袋に、何やら野菜が入っていますよね。
あとで家の人が教えてくれました。
「あの野菜くずは、牛乳を配達した先でもらうんだ。
ミルクセラーは、野菜くずやチャパティの食べ残しなんかを集めて、
牛にあげているんだよ」

牛からミルクをもらい、その牛に食べ物を返す。
この牛乳屋さんだけがやっていることなのかは、うっかり聞き忘れました。
でも、その優しい行為に、こちらまでが幸せになり
このミルクで作るチャイがますますおいしく感じられたのでした。

a0168053_14591441.png

私も、台所で出た野菜くずもゴミに出さず、堆肥にして循環しよう。
そう誓った出来事でした。



[PR]
# by iminthegarden | 2018-04-25 15:08 | Comments(0)

キュウリで水分補給

暑い暑いインドのハリドワール。
こんな商売があちこちに見られます。
キュウリは水分補給や体を冷やすのにいいんでしょうね。

a0168053_10055199.jpg

家庭でも、カレーなどのおともに生野菜がつきますが、
定番はタマネギとキュウリ。
スパイスをふって、ぽりぽり。

a0168053_10071206.jpg









[PR]
# by iminthegarden | 2018-04-25 10:13 | Comments(0)

インドの園芸店

インドの人は植物が好きみたいで、
招かれたどの家でも、いろんな鉢植えが育てられていました。
苗を売っている店もいくつも目にしたので、
そのうちの一軒に寄ってみたんです。

日本のガーデニングショップと違うのは、
そこで、ゼロから植物を育てていること。
だからだと思いますが、お店の人たちは、
店番をしているというより、つねに植物の手入れをしていて、
まるで植物園にいるようでした。

a0168053_21594240.jpg

店の奥へと歩いていくと、牛の親子が飼われていました。
ひとりのスタッフさんが、何やら植物を細かく切って、牛のエサを準備していました。
インドではそこらじゅうで牛を見かけるのでなんとも思わず通り過ぎたのですが、
しばらくしてはっとし、一緒に行ったインド人の友だちに聞いたのです。
「あの牛のフンは、植物に与えているの?」
「そうだよ。堆肥にしているんだ」
と、鉢植えの根元を指差しました。
やや未熟でしたが、明らかに牛ふん堆肥でした。

a0168053_22091040.jpg

牛のエサになる植物も、敷地内で育てているのでしょう。
売り物の植物のクズのなかにも、牛に食べられるものがあるのかもしれません。

便利なガーデン用品なんて何ひとつ売られていないんですよ。
植え木鉢くらいなんです。
でも、堆肥を手作りし、自分たちで植物の世話をし、
愛情と手間だけはめいっぱいかけ
さらに、植物→ 牛→ 植物と循環しているんです。
なんだかもう感動してしまって、ひと鉢日本に買って帰りたかったくらいです。



[PR]
# by iminthegarden | 2018-04-23 22:44 | Comments(0)

インドの八百屋さん

友人(インド人)の結婚式に招かれ、北インドの田舎町に行っていました。
いいですねぇ、この八百屋さん。
木陰でのんびりと商売してますが、じつは灼熱です。
ときおり野菜に水をパシパシャかけるんです。


a0168053_11362980.jpg

ビニール袋になんていれず、たいていは量り売り。
日本では、直売所でも野菜をビニールに入れちゃいますが、
あれって必要なのかなといつも思ってます。
ゴミばかり増えてしまうし。
私が子どものころは、ナスもキュウリもカゴに盛って売られていて、
それを買い物カゴに移して、持ちかえったものでした。

a0168053_11365839.jpg

かわいい模様のカボチャだなと思ったら、
なんともいい香り。
メロンでした。
食べてみたら、う~ん……。
香りがすばらしい割に、味はただ甘いだけという感じで
日本のメロンがいかに繊細でおいしいか、よくわかりました(笑)

a0168053_11393130.jpg




[PR]
# by iminthegarden | 2018-04-23 11:51 | Comments(0)

家庭菜園の記録と、ちょっとした日常  


by かな