籠が畑デビューしました

畑は菜の花の盛りです。
こちらは、聖護院カブとタアサイのミックス。
もともとは隣の畝にタネまきしたのに、
豪雨の日にタネが流れて、混ざってしまったのでした。
風にのって、あたり一面よい香りがただよっています。

a0168053_17232092.jpg

そしてそして、あの籠が畑デビューしました!
まずは向かいの区画のイギリス人菜園家ミスターBに見せなくては。
空っぽの籠を小脇に、何やら作業していた彼の前に立ってニヤニヤ笑うと(花粉症でマスクをしていたので、わからなかったでしょうけど)
「何?」
「どう、これ?」
「作ったのか?」
「イエース」
「Well done!」
「ほっほっほ。バンブーで作ったんだぞ」
「わかるよ」
そう言うミスターBは、
このところ脇の林から畑へ攻めてくる竹の根っこを掘り出す毎日らしく
バンブーにはウンザリという顔でした。
褒められて満足した私は、自分の区画へもどり、
オットに、その籠にホウレンソウを収穫して入れるように命じたのです。

自分で作ったホウレンソウを、自分で編んだ籠に入れるというのは
売ってるホウレンソウをスーパーの籠に入れるのとは
気分が天と地ほど違いますね。
幸せです。

a0168053_17350180.jpg




[PR]
by iminthegarden | 2018-04-01 17:59 | Comments(0)

家庭菜園の記録と、ちょっとした日常  


by かな