牛乳配達夫の優しさ

インド滞在中、泊まっていたインド人家庭には、
朝9時ごろに牛乳屋さんがやってきました。
新鮮な牛乳の入ったミルク缶をバイクにつけてやってくる牛乳屋さん。
専用の容器をもって出ていくと、きまった量だけ入れてくれます。
支払いは月極め。そのたび払う必要はありません
(牛乳屋さんに買いにいく人は、この容器を持っていくのです。)

a0168053_14545369.png

でも私が言いたいのは、牛乳のことではないのです。
写真をもう一度見てください。
ミルク缶の奥にぶらさがった袋に、何やら野菜が入っていますよね。
あとで家の人が教えてくれました。
「あの野菜くずは、牛乳を配達した先でもらうんだ。
ミルクセラーは、野菜くずやチャパティの食べ残しなんかを集めて、
牛にあげているんだよ」

牛からミルクをもらい、その牛に食べ物を返す。
この牛乳屋さんだけがやっていることなのかは、うっかり聞き忘れました。
でも、その優しい行為に、こちらまでが幸せになり
このミルクで作るチャイがますますおいしく感じられたのでした。

a0168053_14591441.png

私も、台所で出た野菜くずもゴミに出さず、堆肥にして循環しよう。
そう誓った出来事でした。



[PR]
by iminthegarden | 2018-04-25 15:08 | Comments(0)

家庭菜園の記録と、ちょっとした日常  


by かな